思想と時代の移り変わりが学べる『天地明察』

天地明察(上) (角川文庫)
天地明察(上) (角川文庫)冲方 丁

角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-05-18
売り上げランキング : 5343


Amazonで詳しく見る

戦国から泰平の世へ。江戸時代初期、保科正之が行った数々の改革や思想統制は、泰平の世をつくり出すためのものだった。印象的だったのが、下剋上を悪とした朱子学を導入したことと、その朱子学を批判する山鹿素行を流刑にしたこと。統治には思想統制は重要。

江戸城から天守閣が除かれる、玉川上水事業が開始される・・・。新たな時代は新たな思想でつくられる。時代が移り変わるときに、先んじて色々なものに対応していきたいと思った。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード