ラフ

ラフ
ラフ
監督 :大谷健太郎
出演:長澤まさみ
   速水もこみち
   市川由衣
   高橋真唯


 ストーリー
二ノ宮亜美と大和圭介は同じ高校に通う高校生。寮生活や水泳を通して2人は次第に心を惹かれ合っていく・・・。

 感想
あだち充マンガの魅力がほとんどといって感じられませんでした。原作ファンの方はがっかりすると思います。まず、緒方のキャラがおかしすぎる。これにはまいった。それと、亜美が大和を好きになっていく過程が省かれ過ぎてて不自然。
結局、友情も恋愛も中途半端で消化不良な作品になってしまった気がします。

 満足度63%
 おススメ度:★★

ゲド戦記

ゲド戦記
ゲド戦記
監督 :宮崎吾朗
原作:アーシュラ・K.ル=グウィン
声優:岡田准一
   手嶌葵
    菅原文太
   





 ストーリー
心に暗い影を持つ少年アレンは、運命に導かれたのか、大賢人のゲドと旅を供にすることになる。その旅の途中、アレンは「生と死」の問題を通して、自分の影と向き合うことになるのだが・・・。

 感想
正統なジブリの血を引く映画だと思います。異様なまでに"命の大切さ"を主張する少女テルーが、ナウシカやもののけ姫と重なって見えました。

「死があるからこそ生を感じることが出来る。」
「世の中の森羅万象は全て均衡の上で成り立っている。」
「力を持った者がその使い方を誤れば均衡を崩すことになる。」

ここまで生真面目にメッセージを作品に込めてるのも珍しい。(よもすれば説教みたいな感じられなくもない。)たぶん、ジブリのスタッフが、観客の想像力を一切信用していないということなんでしょう。まぁ、ハウルを見て「わけわかんねぇ」とか言ってた自分らがいけないのか・・・ort

 満足度80%
 おススメ度:★★★

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト
監督 :ゴア・ヴァービンスキー
出演:ジョニー・デップ
   オーランド・ブルーム
   キーラ・ナイトレイ
   






 ストーリー
前作でブラックパール号を奪い返したジャック・スパロウ船長。実は彼、どうしても逃れられない宿命を背負っていた。その宿命に立ち向かうジャック・スパロウであったが、今回は敵が悪すぎるようだ・・・。

 感想
前作が好きだったので見に行きました。(期待が大きすぎたせいもあるのか)正直、がっかりしました。前作とは同じキャストなのに全く違った趣旨の映画になっているような気が・・・。
見所はそれなりにありましたが、よっぽどのジョニーデップファンか海賊マニアくらいしか満足出来ないんではないでしょうか?今作は3作目へのつなぎと割り切って、次に期待しようと思います。

 満足度50%
 おススメ度:

テーマ : 映画評価
ジャンル : 映画

日本沈没

日本沈没
日本沈没
監督 :羽住英一郎
出演:草なぎ剛
   柴咲コウ
   豊川悦司
   大地真央






 ストーリー
驚異的な地殻変動によって日本は沈没しようとしていた。多くの人が希望を捨てたとき、ある男(草なぎ剛)が日本を救うために立ち上がる・・・。

 感想
日本版アルマゲドンといったところだろうか。
CGのうさんくささが気になってしまった。こういったストーリーの映画はやっぱりハリウッドの方が面白いなと痛感しました。わざわざ映画館で見るような映画ではないです。柴咲コウは日本一ヘルメットが似合う女優だと思いました。

 満足度68%
 おススメ度:★

イツカ波ノ彼方ニ

 イツカ波ノ彼方ニ

監督:丹野雅仁
出演:平岡祐太
   加藤ローサ
   大森南朋
   曽根英樹






 ストーリー
現代版、浦島太郎。
おとぎばなしでは、浦島は助けたカメに連れられて竜宮城に行ったというのだが…。

 感想
「次世代青春映画」だそうです。なんですかそれ?
かなり評価は分かれそうな作品です。沖縄独特の音楽と方言には癒されましたが、全体的にはイマイチでした。不思議ちゃんの役をしていた加藤ローサに馴染めなかったのが原因です。そもそも「竜宮城の使い」がなんで今にも渋谷に繰り出せそうな格好してるんでしょうか?意味不明です。

 満足度67
 おススメ度:★

カテゴリー
未分類 (196)
  • 読書 (438)
  • 投資 (27)
  • 写真 (132)
  • TED (7)
  • プロフィール

    masato

    • Author:masato
    • 「無知による機会損失は計り知れない。」

      機会損失とは、仮にある行動を取っていたら生まれたであろう利益を享受できない損失のことを言う。

      自分だけに与えられた、自分でしか歩めない道を歩んでいきたいと思う。
    最近の記事
    月別アーカイブ
    ブログ内検索
    RSSフィード